Exit Button

【2016 年頭所感】日本酵素・水素医療美容学会

業界ニュース -

水素

『酵素・水素・珪素の最新栄養学を通じて』

新年あけましておめでとうございます。
一般社団法人 日本酵素・水素医療美容学会はエステティックサロン経営者やエステティシャン、セラピスト、医師、医療関係者を対象に、酵素・水素・珪素の栄養療法や腸内細菌学、ミトコンドリアレベルでのダイエット理論、食事法などのテーマを研究・普及させ、美容を入り口とした健康寿命の延伸に貢献することを目的として2014年に設立いたしました。

理事長の私が直接指導している「公認プロフェッショナル インストラクター(PI)」講座には、エステティックサロン経営者を中心に全国から総計150名の受講生が今までに参加し、最新の医学レベルの栄養学の知識を習得して、内面美容や食事指導面でのカウンセリング力を、実際にサロンの現場で役立てていただいています。
また当学会のファスティング研究部会が発行する「公認ファスティング カウンセラー(FC)」の資格取得講座は最新のファスティング理論を通じて、エステティックサロンにおいての施術効率をサポートするために導入され、「確実に結果を出せる!」と注目を集めています。ファスティング指導のスペシャリスト資格として昨年は延べ650名を輩出いたしました。

本年も当学会が推進する「酵素・水素・珪素の最新栄養学を中心とした研究・普及活動」を通して、エステティック業界および美容業界に内面美容や栄養指導の重要性をより一層啓蒙し、業界の発展に貢献できるよう活動してまいりたいと存じます

一般社団法人日本酵素・水素医療美容学会
理事長 内藤 眞禮生(医師・医学博士)

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む