Exit Button

タデ藍などをブレンド『青のハーブティ』新発売

業界ニュース -

純藍株式会社(代表取締役社長:河越 誠剛)は、タデ藍など8種類のハーブを配合した『青のハーブティー』を2015年8月6日(木)に新発売する。

古来より染物の原料として使用されているタデ藍は、生薬や健康維持のための食材としても重用されており、近年の研究ではポリフェノールによる抗酸化作用やコレステロール値を整えるなどの働きが期待できるとの発表がなされている。
『青のハーブティー』は、タデ藍のほか、タイのバタフライピーなど全8種類のハーブをブレンドし、エイジングケアを視野に入れた美容によいハーブティーとして開発された。また、淹れた際の色が鮮やかな青であることもこのハーブティーの大きな特徴。青はほっとできる、食欲を抑えやすい色であるともいわれている。
サロンでのおもてなしに取り入れてみてはいかがだろう。

img_69507_1

<『青のハーブティー』製品概要>
製品名:青のハーブティー
原材料:藍(日本)、ローズマリー(イタリア)、スペアミント(エジプト)、ベルベーヌ(イタリア)、レモングラス(エジプト)、シナモン(スリランカ)、バタフライピー(タイ)、レモンバーム(イタリア)
内容量:10.5g(1.5g×7P)
価格 :972円(税込) ※バラでの販売もあり
販売先:同社Webサイト: http://www.junai-inc.co.jp/

●お問い合わせ先
純藍株式会社 お客様相談窓口
TEl:0800-170-3397 (平日 9:00~21:00のみ)
http://www.junai-inc.co.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む