Exit Button

リクルート『美容センサス上期』を発表

業界ニュース -

株式会社リクルートライフスタイル(代表取締役社長:淺野健)に設置された美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」(http://hba.beauty.hotpepper.jp/)は、美容サロンの利用に関する実態調査を毎年実施している。この度、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち、20~69歳の男女7,000人を対象に調査を実施。その結果を発表した。

【利用率】利用率は20代女性がけん引。2014年に落ち込んだ利用率は回復傾向へ。
・フェイシャル:女性全体で8.0%と前年より1.1ポイント増え、20代が前年比5.2ポイント増。
・痩身:女性全体で3.6%と前年より0.2ポイント増え、20代が前年比3.7ポイント増。
・脱毛:女性全体で9.8%と前年より0.7ポイント増え、20代が前年比8.8ポイント増。

【年間利用回数】「年1回」の単発利用者が急増。「年3回以下」の低頻度層は約60%へ。
・フェイシャル:前年比1.75回減の4.67回。「年1回」の利用者が前年比11.4ポイント増加し30%を超える結果に。
・痩身:前年比1.57回減の5.00回。年1回の利用者が前年比20.3ポイント増加し40%超えに。
・脱毛:前年比0.90回減の3.44回。年1回の利用者が前年比8.6ポイント増加し約20%に。

【現在利用しているサロンの継続理由】【女性】
フェイシャルの現在利用しているサロンの継続理由について尋ねたところ、20代の1位は「ネット予約ができる」こと。料金や立地よりも重要という結果となった。
・20代のフェイシャルは、料金や立地を抑え「ネット予約ができる」(14.9%)が、サロンを継続する理由としてもっとも高い結果となった。痩身は「料金が明確である」(15.7%)、脱毛は「料金がリーズナブルである」(24.5%)が継続する理由の1位であった。

【調査対象】
・全国、人口20万人以上の都市に居住する20~69歳の男女
・女性 : 計 6,000サンプル
・男性 : 計 1,000サンプル
※人口20万人以上の都市の人口比率によってエリア毎の割付数を決定
※男女それぞれ、年齢5歳刻みで均等割り付け(エリアと年代による割付数詳細は下記の数表を参照)
※2012年~2014年調査では男女20~64歳が調査対象

●詳細URL https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2015/06/29/RecruitLifestyle_estheticsalon_20150629.pdf

R アカデミー

●関連サイト リクルートライフスタイルHP

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む