Exit Button

日本エステティック協会 FIBSにて技術披露

業界ニュース -

2015年6月8日(月)~10日(水)にマリンメッセ福岡(福岡市博多区⽯城町2-1)にて開催された「第4 回福岡国際ビューティー・ショー2015」にて、⼀般社団法⼈ ⽇本エステティック協会(理事⻑:久⽶健市)は、FBIS特設ステージにおいて、『優zenエステティックセラピー(R)』 の紹介を行なった。

『優zenエステティックセラピー(R)』 は、⽇本エステティック協会がエステティシャンの「優しい⼼遣い・おもてなしのこころ」を具現化し、「⼼⾝を解き放し、最⾼の癒しを実感する」というコンセプトで開発。エステティシャン⾃⾝の五感を「クライアントのすべて」に敏感にはりめぐらすことで、触覚を研ぎ澄まし、感性を磨くものとなっている。
この技術は、お客様のためだけでなく、エステティシャンのための「技術」でもあるという。それは、施術を行なう際の⾝体の使い⽅によって、⾃⾝に負担をかけずにお客様へ最⾼の癒しを提供できる、お客様・エステティシャン双方にメリットの多い技術となっている。

今回、デモンストレーションを行なったエステティシャンは、⽇本エステティック協会の『優zenエステティックセラピー(R)』講師である藤波久美 氏とチーフインストラクターの岩橋⾹苗 氏の2 ⼈。
1 時間あまりのステージだが、FIBS内の場内オープンステージには⼊りきれないほどのたくさんの来場者で埋め尽くされ、観客は熱⼼に話を聞き技術に見入っていた。

●お問い合わせ先
⼀般社団法⼈⽇本エステティック協会
TEL:03-3234-8496
FAX:03-3234-8498
E-Mail:esthe@ajesthe.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む