Exit Button

太るサラダとダイエット向きのサラダとは

業界ニュース -

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(代表取締役社長:西村峯満)は、 ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『太るサラダとダイエット向きサラダ あなたが食べているのはどっち?』を公開した。
同社は太るサラダ。ダイエット向きのサラダに関して、次のように定義づけている。

マイクロ

<太るサラダ>
ポテトサラダ・かぼちゃサラダ・春雨サラダ・マカロニサラダ・ツナサラダ・コーンサラダ・ドレッシングなど糖質・油分が多いサラダ

<ダイエット向きサラダ>
●レタスは種類によって栄養価が違う!
同じレタスの仲間でも、食べるなら玉レタスよりもサニーレタス、グリーンリーフ、サラダ菜がおすすめ。 玉レタスは淡色野菜で突出した栄養素はありませんが、サニーレタス・グリーンリーフ・サラダ菜は緑黄色野菜に分類され、βカロテンが豊富に含まれている。 βカロテンは体内でビタミンAに変換され、肌のコンディションを整えるなどの効果がある。レタス以外の葉物なら、水菜やサラダほうれん草も栄養価が高くサラダに適している。

●生野菜だけでなく、 温野菜も取り入れる
生野菜は体を冷やしやすいので、温野菜も取り入れる。 生野菜よりもたくさん食べられるのも、 温野菜の利点。 ビタミンの流出をなるべく防ぐには、茹でるよりも蒸す方がベター。蒸し器がない場合は、 普通の鍋で“蒸し煮”にすると良い。

ブロッコリー、アスパラガス、キャベツ、にんじん、スナックえんどう、空豆、かぶ、れんこん、きのこ類など、温野菜に適した野菜は栄養価の高いものばかり。いも類やかぼちゃも温野菜サラダの定番だが、 糖質が高いので、量は少な目に。

関連URL:http://microdiet.net/diet/000867.html

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む