Exit Button

MBP研究会『中高年女性における骨の健康を守るヒケツ』講座を開講

業界ニュース -

d12564-2-244694-2

「MBP」研究会(会長:埼玉骨疾患研究センター所長/くぼじまクリニック副院長 板橋明)は、2015年3月15日(日)に有楽町朝日ホールにて「中高年女性における骨の健康を守るヒケツ」をテーマにした、一般者参加型の市民公開講座を開催した。MBP研究会は、骨の形成に必要な成分である「MBP」を幅広い世代へ普及させることを目指しており、今回の講座は抽選で選ばれた約550名の参加者に「骨」に関する正しい情報を伝えることを目的として行われた。

同講座は、2つのパートに分かれており、はじめに太田博明先生(同研究会 副会長、日本骨粗鬆症学会理事長)より、「中高年女性がいつまでも健康であるために」をテーマに講演が行われた。近年、中高年女性のやせ願望が高まっていることなどに起因してカルシウム摂取量が減少していることに警鐘を鳴らし、カルシウムに加え、ビタミンDなどもしっかり摂取するよう呼びかけた。

続いて、板橋明先生(同研究会会長、埼玉骨疾患研究センター所長)」より、「健康な骨を保つには~骨粗鬆症を知ろう~」をテーマに講演が行われ、高齢者によく見られる腰曲がりの原因は、実は年齢のせいではなく、骨粗鬆症により背骨が潰れてしまうことが主な原因であるとレクチャーされた。さらに「自身の背骨の状態を確認するために、レントゲンでは側面からも撮ってもらうよう、お医者さんにお願いしましょう」という呼びかけに対しては、参加者の方々が熱心に聞き入っている姿が見受けられた。

後半のパートでは、タレントの西川ヘレンさんと女優の秋野暢子さんのゲスト2名を加え、パネルディスカッションが行われた。
「MBP」研究会は、今後も、幅広い年代の方々に向けて、骨に関する正しい情報と「骨をつくる力」を高める「MBP」の普及を目指し、一般の方を対象にした市民公開講座などの活動を行っていくとしている。

●お問い合わせ先
「MBP」研究会
http://www.mbp-labo.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む