Exit Button

栄養士考案アプリ『糖質カウンター』

業界ニュース -

株式会社リンクアンドコミュニケーション(代表取締役社長:渡辺 敏成)は、食事の糖質量を把握する健康管理アプリ『糖質カウンター』を2015年3月4日(水)にリリースした。

このアプリは、京都大学医学部附属病院 疾患栄養治療部との共同研究「血糖管理に向けた栄養指導サポートシステムの開発」の一環として開発されたもの。 同社WEBアンケートによると、「普段の食生活で、糖質を気にしている」と答えた、男女697人に自分が1日でどれだけの糖質を摂取しているか聞いたところ、「わからない」と回答した人が41.7%と約半数近くいたことが判明した。

この様な背景もあり、同アプリは約10万人の栄養管理を行ってきた同社の管理栄養士と、京都大学との共同研究のもと誕生し、管理栄養士が考えた毎日の食事の糖質量を把握し、健康管理・ダイエットのために糖質コントロールを行っている方から、メタボリックシンドローム対策を行っている方、糖尿病の方まで、毎日の食事で糖質を気にする方すべての方が対象だという。

使い方も簡単で、普段食べる約1万を超える食事メニューを対象に、糖質量に応じて13分類、約60カテゴリーに分類した中からを選択するだけだという。また、糖質量と体重の推移を日別・週別・月別にグラフで一覧表示することもできる。
LL_img_58142_1

●お問い合わせ先
株式会社リンクアンドコミュニケーション
http://www.linkncom.co.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む