Exit Button

『福岡県エステティックサロン防犯連絡協議会』開催

業界ニュース -

画像 031
福岡県警察本部生活安全部生活安全総務課は、2015年1月21日(水)福岡県警察本部別館にて『福岡県エステティックサロン防犯連絡協議会』を開催した。同協議会は、昨年7月より、福岡県警察本部生活安全部生活安全総務課と一般社団法人 日本全身美容協会との「安全安心まちづくり推進」を目的とした協議により開催に至った。
第1回目となる今回の協議会には、一般社団法人 日本エステティック協会・一般社団法人 日本エステティック業協会・一般社団法人 日本全身美容協会・福岡県のエステティックサロン等、エステティック関係者及び、行政機関として福岡県警本部・福岡県消費生活センター・福岡市及び北九州市消費生活センター・経済産業省 九州経済産業局等、約50名が参加し、各テレビ局・ラジオ局・新聞各社等の報道陣による取材も行われた。
(【参加者内訳】/警察8名・消費生活センター4名・九州経済産業局1名・九州日本信販株式会社1名・スティックスカード1名・公益社団法人日本美容医療協会1名・日本エステティック協会1名・エステティック業協会2名 ・日本全身美容協会2名・その他エステ業界の合計49名)

協議会内容は次の通り

1. 福岡県警察本部生活安全部長 挨拶(本協議会開催の趣旨について)
2. 福岡市消費生活センターによる「消費者クレームの現状説明」
3. 福岡県警察本部生活安全部生活保安課による、「悪質エステティック業者の検挙事例について」
4. 各団体による、「エステティック業界の今後の取り組みについて」
・一般社団法人 日本全身美容協会 松本理事長
・一般社団法人 日本エステティック協会 古川事務局長
・一般社団法人 日本エステティック業協会 川中理事長

5. 美容医療の問題点と今後の展望
6. 意見交換
7. 福岡県警察本部生活安全部生活安全総務課 管理官による、「安全・安心まちづくりについて」

同協議会終了後、各団体代表に対しNHK福岡テレビ並びに新聞各社のインタビュー取材や参加者との懇親会が行われた(参加者27名)。
また、翌1月22日、一般社団法人 日本全身美容協会 松本理事長と吉本理事にて、福岡県警察本部生活安全部生活安全総務課 安全安心まちづくり推進室長 他5名と協議を行い、福岡県をモデルケースとして、今後も情報交換を行いながら、エステティック業適正化に向け協力体制を構築する旨が確認された。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む