Exit Button

【2015 年頭所感】日中国際美容協会

業界ニュース -

日中

一般社団法人日中国際美容協会
副理事  芳賀 信享

 日本の美容業界は、新商品開発、社会的地位向上、サービス、安心・安全な技術の向上に日々努め、美と健康を目的に発展してまいりました。一方、中国では現在、経済発展による所得向上に伴い、美容業界が急激な発展・成長を続けており、今後もその勢いは止まることはないようです。
 中国美容業界(企業、サロン、教育機関等)から、日本の美容業界との交流を望む声に応えるべく、「一般社団法人 日中国際美容協会(通称:JCIB)」は昨年11月に発足しました。当協会は、技術・ノウハウの情報共有と向上、販路・進出のためのアドバイスや事業発展のためのセミナー、店舗開発・運営サポート、美容教育や留学・人材交流等など、両国の美容ビジネスを支援・サポートし、互いに持ちえている長所を分かち合い、世界最高水準のレベルまで高められればという想いを実現させるために、多方面にわたって積極的に活動を展開してまいります。

 今、中国で最も信頼され、求められている「メイド・イン・ジャパン」、その巨大な中国市場を狙って新規参入する日本企業が増加傾向にある一方、商慣習、考え方、法規制など、市場開拓のハードルはいまだ決して低くないのが実情です。この協会の設立にあたり、知識・ノウハウ・人脈に精通した斯界を代表する有識者を役員に迎えることができたと自負しております。美容業界に携われている皆様に当協会を活用していただきながら、日本と中国の交流やグローバリゼーションを図り、共に力を合わせて美容業界の発展と繁栄に貢献していければと思います。
 当協会の本年の活動にどうぞご期待いただき、ご支援くださるよう何卒よろしくお願い申し上げる次第です。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む