Exit Button

【2015 年頭所感】国際エステティック事業協同組合

業界ニュース -

国際

国際エステティック事業協同組合
代表理事 吉田 末吉

 謹賀新年 本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
 新しい年を迎えまして当組合は感謝をこめて皆様方と職員一同心ひとつにし業界の発展に尽くしたいと存知ます。エステティシャン、セラピスト、アロマセラピーとお客様の要望も多岐にわたっております。当組合は美容・健康・ストレスケアを柱にしてグランドデザインを描き活動し少子高齢化、人口減少社会に適応したエステティシャン及びセラピストの育成とともにクライアントの拡充を視野にいれて微力ながら活動をする所存です。具体的には働く方々の若さと、熟練した方々の活躍の場をつくり10~60代の方の年相応に発揮できる支えとなること。お客様の拡大としてはすでに欧米では取り組んでいる緩和ケアなどにも力を入れたいと考えております。

 私たちセラピストが尊敬される職業としてより認められるように付加価値向上をアピールし関係方面の方々と相談しながら潜在意識を活発化に取り組みます。また、本組合は法務省の委託事業で受刑者の社会復帰のため栃木女子刑務所において「エステティック授業」を平成20年から実施し、本年で8年目を迎えます。エステティックがボランティアによって救われていることを業界の皆様にも、またより多くの方にこの活動を知っていただき応援くだされば幸いです。
 最後にエステティック通信様にはご挨拶の機会を頂き感謝申し上げます

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む