Exit Button

【2015 年頭所感】ICAM日本支部

業界ニュース -

ICAM

一般財団法人ICAM日本支部
代表理事 中村 修一

 一般財団法人ICAM日本支部は、フランスの国家資格制度に基づいた美容資格の国際化を推進しています。フランスではエステティック上位資格であるBTSが改定されるなど、エステティック資格が技術者資格から、化粧品・香水を含む幅広い美容分野の専門家やマネージメントの資格として進化しています。
 ICAM日本支部では、プロとしての第1ステージに当る「レベル1」資格、サロンの中核となる技術者であることを証明する「レベル2」資格、そして、マネージメント・指導者資格となる「レベル3」資格までの資格試験制度を確立し、それぞれのステージにおける技術者の社会的地位の向上に努めてまいります。
 そのために、専門学校などの教育機関へのICAMライセンスの導入推進とともに、美容関係企業による特別認定校の普及を促進してまいります。また、サロンや企業の社員教育のための研修・セミナーを受託するなど、活動の幅を広げてまいります。
 資格とは、個人の技能を証明するものです。ICAM日本支部では、習得した技能と創造力の発表の場としてICAMメイクアップ・フォト・コンペティションを実施しています。2015年度はエステティックコンテストとして「ICAMエステティックMVP」を新設。ライセンス試験で最も優秀な成績を修めた方に贈られる賞です。
 また、ICAM日本支部では、2015年5月にパリ研修旅行を実施します。一般の方も参加可能です。ICAMのパリ研修は、パリでのパートナーシップの充実により、エステティック、メイクアップ、ネイル、ヘアーの各美容分野での研修が可能となっています。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む