Exit Button

今月のエステティシャン「姉妹全員がエステティシャン。この仕事が大好き」

Energetic Beautist -

「エステティック通信」好評連載、Energetic Beautist から、エステティシャンのインタビューをお届けします。

 

栗城 美穂さん AMRTA六本木
O型。エステティシャン歴10年。専門学校卒業後、大手サロンにつとめ、その後、現在のサロンへ。CIDESCO取得、日本エステティック協会 認定エステティシャン。

 

 

Q.この仕事に就くきっかけは?

エステの専門学校に通っていた姉の練習モデルとしてフェイシャルケアを受けたことがきっかけです。高校時代は美容とは離れていたため、「人の手はこんなに気持ちよく、癒されるものなのか」と感激し、この道を選びました。

 

Q.仕事のやりがいやこだわりはどんなこと?

さまざまな年齢層の方がエステティックで美を追求して、美しくなり、笑顔になっていく。その光景を日々見られることにやりがいを感じます。施術後の明るくなった表情を見られたり、帰り際に「ありがとう」と一言いただけるだけでうれしく思います。1日の限られた時間のなかで、わざわざサロンに来て私に時間をくださっているので、感謝の気持ちを忘れず施術に入るよう心がけています。

 

Q.挫折やピンチを教えて!

何年も続けていると、売上の目標に追われてしまい、初心である「お客様のために」という気持ちを忘れがちになることがありました。家族の前でイライラし、表情が暗くなることもあり、プライベートでも悪いことが重なりました。姉妹全員がこの仕事に就いているので、相談し合ったり、時には厳しい意見をもらったりして乗り越えています。

 

Q.休日はどうしてる?
もともとスポーツが好きなので、友人とバスケやサッカーの試合観戦に行って過ごすことが多いです。思いきり声を出して応援したり、心の底から笑ったりすることが一番のリフレッシュになっています。

 

Q.元気でいる秘訣を教えて!
朝コップ一杯の水を飲むこと、酵素ドリンクを飲むことは長く続けています。朝すっきり起きられますし、年齢による体力の衰えをあまり感じません。

 

Q.どんな目標や夢を持っていますか?
美容に関しては、どんどん新しい情報や技術が出てくるので、常に学び、常に成長し続けたいです。自分自身も衰えることなく、若くきれいな大人の女性になることが目標です。そして、ベテランスタッフの多いサロンですので、新人スタッフからベテランまで、全員が働きやすい環境をつくるため、サポートをしていきたいです。

 

職場だけでなく、姉妹でもチームワークばっちり!ちょっと珍しい環境ですが、施術者としてはとっても恵まれていると言えそうです。栗城 さん職場であるAMRTA六本木は、雑誌にも登場する人気店。人気店のエステティシャンがリラックスタイムに使っているアイテムなど、本誌5月号で紹介しています。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む