Exit Button

サードボディって何?「健康やせ専門イヴ」のCMにみる新トレンド

業界ニュース -

 

体に無理なく健康的に体重減量やサイズダウンをめざす、総合健康痩身教室「健康やせ専門イヴ」(以下、イヴ)を運営する、株式会社村山(東京都中央区、代表取締役 村山舞)は、健康痩身分野での新しい意識変化を探るべく、全国の30~50代の女性300名を対象にした「ダイエットと理想の体型に関する意識調査」を実施した。

 

結果、若年時(10~20代)の体型(ファーストボディ)と比べて47.6%の方が「太った」体型(セカンドボディ)になったと回答。

しかし、理想とする体型は「太りすぎでも痩せ過ぎでもない、ちょうどいい体型になる」が53.3%ともっとも高く、次いで「健康的な印象の体型になる」が45.0%と、30~50代のダイエットは若年時の今より痩せていた「ファーストボディ」をめざすわけでなく“ちょうどいい体型” “健康的な印象の体型”が理想であるということがわかった。

これを受け、イブでは、“太りすぎでも痩せすぎでもない健康的な体型”を『サードボディ』と名付け、いつまでも健康的に美しくありたいというすべての女性を応援するプロモーションを、2018年4月13日(金)よりスタート、TVCMおよび交通広告で順次展開する。

 

<プロモーション概要>

  • テレビCM   

(関東圏、4月13日~4月21日)

◆交通広告:JR東日本(山手線・中央線・中央総武線・横須賀線・常磐線・湘南新宿ライン)、東急電鉄(田園都市線)、西武鉄道(池袋線・新宿線)、東武鉄道(東上線)、東京メトロ(日比谷線直通)、阪急電鉄(全線)

 

【ダイエットと理想の体型に関する意識調査】について

<概要>

調査期間:2018年3月19日(月)~3月20日(火)

調査方法:インターネット調査

調査対象者:全国の30~59歳の女性

事前調査:4,756名 本調査: 300名(内訳:30代100名、40代100名、50代100名)

※若い頃(10~20代)から体型が変わってしまい(痩せた人以外)、現在の体型に満足しておらず体型を変えたいと思っている30代~50代の女性300人をランダムに抽出

排除属性:広告・調査業、同業者(エステ関連)

地域:全国

 


 

関連サイト 健康やせ専門イヴ公式サイト

http://www.kenko-yase.co.jp/

CM動画 https://youtu.be/oDux1jFyL8o

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む