Exit Button

~エス通編集部 セミナー潜入レポート~

業界ニュース -

毎年2ケタ成長を続けるBAGZY(バグジー)和田氏がその秘密を語る2時間

SONY DSC

2013年10月1日(火)、東京国際フォーラム(東京都中央区)にて『3ヶ月で売上1.5倍増!愛されるお店作りへ』と題したセミナーが開催された。講師を務めたのは、昨年経済産業省からおもてなし経営企業として選出された福岡の美容室バグジー マネージャー和田竜一氏。講師が美容師とあってこの日受講した約60人のうち9割が美容師の方。商売は人・物・金という言葉になぞらえて、マネジメント力・商品力・人間力の3部門に分けて話が進められた。

 

 

第1部の「マネジメント」では①カルテ枚数を増やす②常連客化③新規集客の3つの観点から、主に新規・リピーターなど集客に関する内容をレクチャー。中でも印象深かったのが「新規スタンプカードをご本人様のみではなく、家族・友人に譲ることができるようにする」というもの。飛び込みで入ってみたものの、客層に合わない時などは通常再来店はほぼ無いだろう。だが、自分には合わなかったけれど、母ならあるいは娘ならとカードを無駄にしたくない気持ちから紹介につながる。セミナー取材にも多数伺うエス通記者だが、この考え方は初めて。個室の多いエステ店では客層の不一致はさほど出ないものの、手法的には参考になるのではないだろうか。

 

SONY DSC

第2部の「商品力」では①技術力②物販力③ホスピタリティと主に物販・技術・接客サービスを中心に進められた。エステ業界でも、新たな顧客層として男性のニーズを狙う動きが見られるが、これは美容室にも言えるそう。中でも「キャリアメンズ」として頭皮ケア・ネイルケアを受ける男性が増えつつあるという。また、お客様の感動を呼ぶ心遣い”おもてなし”の心も必要不可欠。これはエステ業界においても同じことが言えるだろう。

 

最後、第3部は「人間力」。①お客様満足②従業員満足③リーダーシップの3点だが、和田氏の勤めるサロンバグジーでもスタッフが多数抜けた時期があったという。産休があるなど従業員が安心して働ける環境・指名客の少ないスタイリストでも技術が上手ければ先生に!と得意分野を生かすようそんざい意義をつけることが重要だという。

 

全体を通して、細分化すれば他業種ではあるが、美を提供する“サロン”であることは一致している。エステサロンの方が受けてもかなり取り入れる所の多いセミナーであった。次回開催時には、是非参加してみてはいかがだろう。

 

●セミナー内容に関するお問合せ先

株式会社eu-country(ユーカントリー)

東京都豊島区目白3-14-8

TEL:03-3950-8133 FAX:03-3950-7649

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む