Exit Button

アラサー女性「インスタ」利用は55%

業界ニュース -

株式会社宝島社(東京都千代田区、代表取締役社長 蓮見清一)は、同社が発行する女性誌「steady.(ステディ.)」にて、働くアラサー女子1,000人に「リアルなインスタ事情」を調査。その結果を公表した。

調査によると、読者の55%がインスタグラムを利用。投稿頻度は月に平均4.2回で、投稿する内容は「食べもの」が1位で30%、次いで「お出かけ先」が25%、「景色・風景」が15%という結果となった。

また、写真にこだわりを持っている人も多く、使用しているアプリとして「analogfilm(アナログフィルム)」「SNOW(スノー)「BeautyPlus(ビューティプラス)」などが挙がり、食べものを美味しく見せる、可愛い装飾を行える、美肌・小顔効果があるなどアプリの特性に合わせて使い分けていることがわかった。

さらに、スマートフォンのカメラではなく、画質のいいミラーレスカメラを使って撮影する人も多く見られた。

一方、閲覧としての利用方法には「好きな有名人の投稿や、オシャレな人のメイク・ファッションをチェックする」という声や「新商品やスポット、コーディネートやファッションの流行などの新情報を収集している」などの回答があった。

※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2016年下半期(7~12月)より

美容業界でも、セルフマッサージ動画やケア方法、食生活アドバイスなど、ダイエットやイメチェンに成功した実例の人気が高く、書籍化されるなどでビジネスに繋がっている。

サロンやエステティシャン個人のPRツールとして利用してみてはいかがだろう。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む