Exit Button

ナリス化粧品 エステ研修受講者が過去15年で7.2倍に

業界ニュース -

株式会社ナリス化粧品(大阪市福島区、代表者 村岡弘義)が運営するエステティックスクールが、1987年の開校から、本年で30周年を迎えた。スクール受講者は、安定的に1,000名を超え、15年前と比較すると7倍を超える受講者数となっている。

女性の社会進出に伴い、ストレスの緩和や美容を目的として、エステティックの需要が高まる中、エステティックの技術を取得したいという女性も増加。同社スクールでは、本業としてエステティシャンを希望する方だけでなく副業として技術を身に付けたいという要望も増える中、その要望に合わせた研修内容を充実させることで受講者数が伸びたという。

ナリス化粧品では、日本のエステティック研究の創生期である1950年代から、ヨーロッパのエステの研究を開始し、その後日本人の肌に合う、エステ専用の化粧品開発や美容機器の開発にも注力してきた。1987年からは、社団法人日本エステティック協会の認定校として、エステティシャンの育成にも貢献。

「一人ひとりのお客様に合った化粧品を正しく、より効果的に使っていただきたい」「お客様に触れ、寄り添うことで、より満足度の高い美容をお届けしたい」との思いからスタートしたエステティックスクール。今後も社会で活躍する女性を支える仕事として、人材育成に取り組んでいく。

<会社概要>
社 名:株式会社 ナリス化粧品
所在地:本社 大阪市福島区海老江1丁目11番17号
資本金:16億円
代表者:代表取締役 村岡 弘義
社員数:665名(2017年3月末・連結)
売上高:222億円(2017年3月期・連結)

●関連サイト ナリス化粧品 http://www.naris.co.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む