Exit Button

「シルクフィブロイン」論文3報が『診療と新薬』に掲載

業界ニュース -

健康食品『セラム-シルクフィブロイン』を販売するドクターセラム株式会社 代表 ?川育矢氏と、石川町内科クリニック院長 渡會伸治氏らによるシルクフィブロインに関する共同執筆論文3報が、先日医事出版社より発行された『診療と新薬』54巻5月号に掲載された。

【シルクフィブロイン過剰摂取時の安全性の検証】(石川町内科クリニック院長 渡會伸治/ドクターセラム株式会社代表取締役 ?川育矢/芝浦スリーワンクリニック名誉院長 板倉弘重)

【シルクフィブロイン長期摂取による 脂質代謝改善効果の検証: 無作為化二重盲検クロスオーバー試験】(石川町内科クリニック院長 渡會伸治/同院医師 渡會雪絵/ドクターセラム株式会社代表取締役 ?川育矢/東京農業大学農学部農学科教授 長島孝行/芝浦スリーワンクリニック名誉院長 板倉弘重)。

【シルクフィブロインの血清脂質および糖代謝能に対する機能性と安全性の層別解析】(ドクターセラム株式会社代表取締役 ?川育矢/芝浦スリーワンクリニック名誉院長 板倉弘重/東京農業大学農学部農学科教授 長島孝行)

同誌は研究者や専門家による評価や検証が行われるいわゆる「査読付き論文」を掲載しており、同誌に掲載されたことで、シルクフィブロインの「長期摂取による脂質代謝改善効果」「過剰摂取時の安全性」「血清脂質および糖代謝能に対する機能性と安全性」の検証結果が認められた証左となった。

●診療と新薬 URL http://www.iji.co.jp/mcnrs/shinyaku.html

写真:セラム-シルクフィブロイン

●お問い合わせ先
ドクターセラム株式会社
TEL:03-5728-8825
FAX:03-5728-8830
http://www.dr-serum.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む