Exit Button

フェイシャル利用者、わずか9.3%で横ばい

業界ニュース -

株式会社リクルートライフスタイル(東京都千代田区、代表取締役社長 淺野健)に設置された、美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」は、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち、15~69歳の男女7,700人を対象に過去1年間におけるエステサロンの利用に関する実態調査を実施。その結果を公表した。

始めに、過去1年間のエステティックサロン利用率に関して調査したところ、女性全体のフェイシャル利用率は9.3%で、前年度に比べた伸び率は0.5%と、ほぼ横ばいとなった。

その他、痩身利用率は4.5%(+0.3%)、脱毛利用率は10.7%(+0.6%)と、全てのジャンルにおいてほぼ横ばいという結果となった。

1回あたりの利用額に関しては、フェイシャル 6,621円(-202円)、痩身 6,823円(-301円)、脱毛 5,800円(+376円)と、フェイシャル・痩身の価格が落ちている中、脱毛の利用額がアップ。特に、20代女性は+856円と昨年に比べ14.2%増となった。

また、サロンを知ったキッカケとして最も高かったのは、「予約・口コミサイト」。次いで「友人・知人の口コミ・オススメを聞いて」、お店を街で見かけてが3位という結果となった。

●関連サイト ホットペッパービューティーアカデミー https://hba.beauty.hotpepper.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む