Exit Button

女性は「ポイントが貯まる」ところで買う

業界ニュース -

デジタルマーケティングカンパニーの株式会社ADDIX(東京都港区、代表取締役 酒井大輔)が運営する、マーケティング情報メディア「BWRITE(ブライト)https://bwrite.biz/」は、2017年2月22日(水)、自主調査『ECについての意識調査 化粧品編』の第2回レポート記事を公開した。

「BWRITE」は2016年12月、20~40代の女性300人に対して「ECについての意識調査」を実施。ECでの購入状況やその理由を調査し、「化粧品編」第2回レポートとして公開している。

まず始めに、「化粧品をもっともよく購入するサイトやアプリはどこで知りましたか?」と尋ねた所、20代・30代・40代とも「メーカー公式サイト」が1位。2位が「モール型ECサイト」、3位が「ネット検索」という結果となった。4位は年代によって異なり20代が「ネット上に表示された広告」、30代が「価格比較サイト/商品レビューサイト」、40代が「メールマガジン」という結果となった。

また、1位のメーカー公式サイトに関しては40代が42.4%と最も高く、30代が34.4%、20代が28%と年代が上がる程公式サイトを多く利用しているということがわかった。

女性にとって、そのサイトを利用すると『お得』であることはもはや大前提で、中には、「ポイントサイトから来るメルマガに記載されているポイント還元率の高さによって、買うお店や商品を決めている」「ポイントが貯まりやすいので(そこで買う)」という声もあった。さらにそのうえで、欲しい商品が買える、値段の比較ができる、信頼できる、クチコミが見られるなど、それぞれのニーズを満たすサイトやアプリを利用しているようだ。

また、新規サイト利用のキッカケとしても、「肌の悩み」「肌タイプ」の変化に伴う「商品切り替え」とともに、「ポイント」が上位にあがっている。化粧品ECサイトの新規顧客開拓には、「肌の悩み」「肌タイプ」をキーにした商品訴求や、「レビューサイト」「ネット検索」への対策はもちろんのこと、特別なポイント制度を用意するなど、サイトやアプリを訪れるユーザーに、そこで購入することが『お得』だと感じさせる、UX(ユーザーエクスペリエンス、顧客体験)の向上が必須だと言えよう。

<調査概要>
【調査名】「ECについての意識調査【化粧品編】」
【実施期間】2016年12月22日(木)~12月26日(月)
【調査対象・人数】
Fastaskモニター会員である20~40代の女性300名(有効回答から300名を抽出)
(年代割付:20代、30代、40代 各100名ずつ)
【調査方法】WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】BWRITE(運営: ADDIX)
【テキスト分析】ADDIX アナリティクスユニット
【調査実施機関】ジャストシステム「Fastask」

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む