Exit Button

アンチエイジングの目的1位は…

業界ニュース -

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)は、 自社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「アンチエイジング」に関するアンケート調査を実施、その結果を公表した。

調査は2016年7月12日(火)~7月29日(金)にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター男性2,405人、女性1,725人、計4,130人から回答。

始めに「あなたは、アンチエイジング(老化対策)をしていますか?」と尋ねたところ「している」が24.9%、「していない」が75.1%と、約4人に1人が老化対策をしていると回答した。男女別でみるとアンチエイジングしている人は、男性16.2%に対し女性は37.0%。と、やはり女性の方がアンチエイジングに対する意識が高かった。

01

次に「アンチエイジング(老化対策)をするようになったきっかけは何ですか?」と尋ねたところ1位は「加齢に伴う体の変化(骨及び関節、筋肉及び体脂肪、眼など)を自覚したから」が65.1%と圧倒的に多く、2位も「体重・体脂肪の増加を自覚したから」38.1%と、自分自身の変化に気づいたことがきっかけとなることが多いという結果となった。

02

また「あなたのアンチエイジング(老化対策)の目的は何ですか?」と尋ねたところ、女性は「トラブル(シミ・シワ・くすみ・たるみ)の無い(少ない)肌が67.1%と多く、男性は「脳の老化(認知症・もの忘れなど)を予防したい」が48.2%と多かった。

03

さらに「アンチエイジングのために何をしていますか?」という質問には「バランスのよい食事」や「規則正しい生活」「運動」などを心がけている方が多く、「エステに通う」はわずか5.6%に留まった。ただ「アンチエイジング用化粧品・日用品を使用」は56.5%と高く、ホームケアとしてエイジングケア化粧品を勧めるのは有効だという結果となった。

04-1

●調査結果に関するお問い合わせ先
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
TEL:03-5764-3281
E-mail:timely@dims.ne.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む