Exit Button

商談用タッチテーブルを手軽にレンタル

業界ニュース -

株式会社タッチパネル研究所(東京都八王子 代表取締役社長 三谷雄二)は、32型大画面で10点マルチタッチ対応のタッチテーブルのレンタル事業を拡大すると発表した。

商談用タッチテーブルは、現在、結婚式場・住宅展示場・カーディーラーなどの1対1のミーティングでそのパフォーマンスを高く評価されている。これを受け、今後、展示会やMICEのイベントプロデューサー、ブース施工会社、AVレンタル機器業社向けにタッチテーブルのレンタルを開始。数日間の貸し出しにも対応する。

d17315-3-973895-0

<タッチテーブルのメリット>
プロモーションビデオを有効活用
商品説明や稼動の様子など盛りだくさんのプロモーションビデオをブースの壁でただ流しっぱなしではもったいない。お客様と対面してテーブルを囲み画面へのタッチですばやく見せたいところを選んでアピールが可能。1対1でのミーティングやプレゼンテーションで、商品説明やプランの見せたいところを十分に伝えることができる。

タブレットの操作性を32型の大画面で
1小間のブースでもテーブルと一体だから省スペース。10点マルチタッチは大人数での閲覧と操作が可能で、タブレット端末の小さな画面より迫力のあるプレゼンテーションができる。画像や写真の操作、3Dデザインの回転、レイアウトの変更、複数のWeb情報を同時に比較するなど使い方は無限大。
商談用タッチテーブルを広告スペースに
テーブルの周りをロゴ入り化粧板でディスプレイし広告スペースとしても有効活用が可能。アイキャッチもアップし、展示会ブースを華やかにする。また、受付と兼用することで、アクティブなスタンディングスタイルミーティングの場を生み出す。テーブルの高さは610mmと729mmの2種類を準備。

手軽に簡単に、レンタルをサポート
専用梱包箱を用意しているため、大型のタッチテーブルでも運搬や移動がスムーズに行える。開墾・組立・収納の解説動画も用意、受入時と返却時の負担解消と煩わしさをサポートする。

d17315-3-894280-4

●関連サイト
タッチテーブル特設サイト http://www.touchtable.jp/
解説動画 http://www.touchtable.jp/?p=285

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む