Exit Button

炭を食べる「炭ダイエット」がアメリカで話題

業界ニュース -

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『炭を食べる「炭ダイエット」がアメリカで話題』を公開した。

炭と言ったらバーベキューで熱源として活躍するほか、冷蔵庫や靴箱などの消臭剤や浄水にも利用されるなど、様々なパワーが知られ活用されている。そんな中、 炭を食べてやせるという「カーボンダイエット」、つまり「炭ダイエット」が今アメリカで話題となっている。

炭を食べるダイエット法と言っても、木炭を塊のままガリガリと食べるというものではなく、食用に加工された「活性炭」の粉末をジュースに混ぜて飲んだり、サプリメントに加工された炭などから摂取することが主流。
ハリウッドセレブや美容に関心の高い層がコールドプレスジュース(低温圧搾ジュース)などヘルシージュース店で炭入りの 「チャコール(炭)」 をオーダーする人が続出しているようだ。

d1593-334-899916-1

活性炭の解毒効果をダイエットに応用
活性炭とは、炭を800~950℃の温度で高温炭化法を用いることで微細な穴を多数(多孔質)持たせた炭のことで、普通の炭よりも多くの物質を吸着させる性質がある。この特徴を利用し、 脱臭剤、浄水、空気清浄機、紙巻きたばこのフィルター、洗顔料、歯磨き粉など、様々に製品化されている。
こうした吸着作用は、体内に入るとデトックス効果を発揮すると言われている。活性炭のデトックス効果は昔から知られており、有害物質を誤って飲み込んでしまった際に経口投与を行い吸着・排出に使われるなど、医療現場でも使われてきた。
体内の有害物質だけでなく、余分な糖質や脂質、毒素を吸着し排出させる作用のほか、腸内の毒素も吸着し、便通を良くする効果があると考えられている。

●詳細URL http://microdiet.net/diet/000890.html

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む