Exit Button

医師の64.9%は「サプリを摂取していない」

業界ニュース -

医師の3人に1人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」(https://medpeer.jp)を運営するメドピア株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役社長:石見 陽)は、会員医師(10万人以上)を対象に「サプリメントの摂取」についてのアンケートを実施したところ、4,000件の回答が寄せられ、その結果を公表した。

「医師自身がサプリメントを日常的に摂取しているか」について、「摂取していない」という回答が64.9% (2,595名)で過半数を占めた。具体的には、「効果に疑問がある」「サプリメント摂取より食事のバランスが大事」というコメントが多くみられた。一方「定期的に摂取している」は18.5%(740名)、「たまに摂取している」は16.6%(665名)だった。摂取しているものは、マルチビタミン・ミネラル、ブルーベリー、DHA、EPAなどのサプリメントが目立った。

d10134-49-682148-0

また、「患者さんにサプリメントを勧めることはあるか」 については、「勧めることはない」が86.2% (3,447名)で圧倒的に多く、「きちんと食事がとれている人なら必要ない」「とりすぎると有害になる場合がある」といった意見がみられた。「相談を受ければ、否定はしないが積極的には勧めない」という声も多い。「患者さんに勧めることがある」は11.9%(477名)、「積極的に勧めている」は1.9%(76名)と少数派であった。勧めるサプリには、「妊娠中の女性に葉酸」のほか、鉄剤、亜鉛、ルテインなどが挙げられた。

●調査概要
調査期間:2015年7月29日(水) ~ 2015年8月4日(火)
有効回答:4,000人(回答者はすべて、 MedPeerに会員登録をする医師)
設問:医師専用コミュニティサイト MedPeer内の「ポスティング調査」コーナーにおいて、 MedPeer事務局(運営:メドピア株式会社)より、 以下の質問を投げかけた。

●お問い合わせ先
メドピア株式会社
TEL:03-6447-7961
E-mail:pr@medpeer.co.jp
https://medpeer.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む