Exit Button

肌に自身がない女性約8割

業界ニュース -

美容家電のパイオニアとして、 RFボーテシリーズのオールインワン美顔器「フェイスEX」および「プラチナホワイトRF」を販売するヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎貴三代、 所在地:東京都江東区)は、20~50代の女性500名を対象として、『肌悩み』に関する調査を行いその結果を公表した。

はじめに「現在、自分の肌に自信はありますか?」と聞いたところ「ある」と回答した女性は23%とわずか2割台という結果に。 また「ない」と回答した女性の割合を年代別に見ると、10代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%となり、20代でも7割以上の女性が肌への自信を持てていないことが分かった。

続いて、「現在、肌悩みはありますか?」と聞いたところ、93%とほとんどの人が「ある」と回答。「具体的な肌悩み」を各年代にたずねると、いずれの年代でも「毛穴の開き」「しみ」が3割以上の回答を集め、上位5項目にも入った。
その一方で年代ごとに異なる傾向として、年代が下になるほど「毛穴の黒ずみ」「にきび」の割合が高くなった。 特に20代では「毛穴の黒ずみ」は58%と半数以上、「にきび」は46%といずれも約2人に1人が悩んでいるようだ。 一方「ハリ・弾力のなさ」「しわ」といった項目を選ぶ人は、年代が上がるほど多くなり、50代では「ハリ・弾力のなさ」、「しわ」と答えた人が、ともに40%に。年齢が上がるにつれて、肌悩みが局所的なものから肌全体の質感に変化している様子がうかがえる。

ヤーマン

実際、肌悩みが「過去10年で変わった」(66%)という人は約7割、「過去10年で増えた」(79%)という人も約8割にのぼった。具体的には「以前はベタつきが悩みだったが、今はしわ、くすみがとても気になる」(46歳)、「10代の頃からにきびに悩まされ続けているが、年齢とともに乾燥、毛穴の開きや黒ずみも気になるようになってきた」(29歳)などの声があがっており、年齢を重ねるにつれて、肌悩みは“変わり”、そして“増える”ことが読みとれる。

そこで、過去10年間にどのようなスキンケアをおこなっているのか深掘りすると「基本的にスキンケアの方法を変えていない」人が53%と約半数となったほか、「基本的にスキンケアのアイテムを変えていない」という人も39%と約4割。 年齢とともに肌悩みが変わったり増えたりしているにもかかわらず、十分に対応できていない実態が明らかとなった。

[調査概要]
・調査期間:2015年10月2日(金)~10月5日(月)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:20~50代の女性500名 ※年代ごとに均等割付

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む