Exit Button

第3回『日本シニア検定協会総会』開催

業界ニュース -

2015年10月20日(火)参議院会館において、一般社団法人日本シニア検定協会主催『第3回 日本シニア検定協会総会』が開催された。

開会挨拶の中で、同協会会長である片山さつき氏は「日本では近年、地震や水害などの自然災害が多く起きている。高齢者社会が進む中、地震や災害が起きた時に“自分で動くことができる”、“避難することができる”シニア層を増やすことは、日本の安定性にもつながる。シニア検定協会に登録している方には災害ボランティアにも登録していただいて、所在確認など災害時にも高齢者を補助する方が増えて欲しい」と様々な事業者がチームで動くことの重要性を提起した。

片山さつき先生

次いで、東北大学医学部教授でもある浅井篤理事長より挨拶があり、「医療業界にいて医療にも限界があると感じる。みなさんが日々行っているようなこと(介護や健康・美容関連)が必要になってくる」とシニア検定合格者が果たす役割について触れた。その後も各理事、企業・法人会員、認定校からの挨拶が続き、日本全国に認定校・認定講師が増えていることからも同協会の果たす役割の大きさが伺えた。
続いて、各種報告事項が発表された。本年度受験予定者数は約900名そのうち合格者は約800名で、合格率は90.3%となった。また「ケアセラピストマスター養成カリキュラム」が、医師と連携して高齢者の健康寿命を延伸させる人材育成システムの開発と普及事業として、経済産業省の新連携事業計画に認定されたことが報告された。

シニア検定

日本シニア検定試験は、2015年11月22日(日)東京・名古屋・大阪などの試験会場にて全国一斉開催される。試験は【老化の原因を探る・身体の仕組み、老化による心身の変化、高齢者を悩ます疫病、元気に年を重ねるために、高齢者とのコミュニケーション】などの一般課程と、【車いす、ギャッジベッド、杖、移動・移乗方法】などの実技課程の2段階試験の形で行われる。

●お問い合わせ先
一般社団法人日本シニア検定協会
TEL:052-369-3232
FAX:052-354-3211
E-mail:senior1@seniorkentei.com
http://www.seniorkentei.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む