Exit Button

50代LINE利用者が半年で大幅UP

業界ニュース -

株式会社ジャストシステムは、 セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し、事前の調査で「プライベートでスマートフォンを利用し、SNSを使っている」と回答した15~59歳の男女550名に対し『SNSの利用実態調査』を実施、その内容を公表した。

調査結果によると、現在使っているSNSサービスは「LINE」(74.5%)が最も多く、続いて「Twitter」(43.1%)、「Facebook」(42.7%)、「Instagram」(15.9%)という結果となった。※1
また、2015年3月時の「LINE」利用率と比較すると、30代は67.0%から73.3%、40代は60.7%から65.0%、50代は57.9%から67.9%と、いずれの世代でも利用率が伸びていた。なかでも、特に50代の伸びは著しく、10%も伸びていることがわかった。

さらに、事前調査で「LINEを使っている」と答えた人に対する調査結果では、LINEの「タイムライン」を使う人のうち「毎日1回以上チェックする」人は85.8%。また、タイムラインの企業投稿に対して、利用者は「バナーやURLをクリックした」(43.8%)、「『いいね』をした」(42.6%)、「LINEクーポンを利用した」(39.5%)、「企業投稿から、 実際に店舗に行った」(26.5%)などの行動をとっており、企業サイトへの誘導や購買につながる販促施策として有効なツールと言える※1。
※1 いずれの数字も複数回答あり。

以上の結果から、サロンのラインページを作成し、広告ツールとしてタイムラインを有効してみてはいかがだろう。

d7597-127-166546-1

【調査の実施概要】
調査名:『SNSの利用実態調査』
調査期間 :2015年9月25日(金)~9月27日(日)
調査対象 :事前調査で「スマートフォンを利用し、 SNSを使っている」と回答した15~59歳の男女550名

集計データをまとめた全79ページの調査レポートは、実例レポートページより(https://www.fast-ask.com/report/ )、無料でダウンロード可能。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む