Exit Button

夏に気になるパーツ1位は「お腹ポッコリ」

業界ニュース -

自然由来の食物繊維<小麦ブラン>を食生活に取り入れ、お腹もココロも軽く、気持ちのいい1日を過ごすことを提唱する「ブランでスッキリ!」委員会(http://brandesukkiri.allbran.jp/ )は、首都圏在住の20代から50代の女性を対象に、夏の女性の悩みに関する調査※1 を実施。その結果を公表した。

調査結果によると、体のパーツで気になる悩みで、最も多かったのが「お腹ポッコリ」(73.8%)、「お腹のたるみ」(71.0%)とお腹周りの悩みであることがわかった。これに対して、同委員会の委員で医療法人小林メディカルクリニック東京院長 小林暁子医師は「夏に、この2つのお腹周りの悩みを解決するには、同じアプローチでは成功しない可能性がある」と指摘している。

パーツ
小林医師は、「運動や食事制限は、お腹周りを引き締めることで『お腹のたるみ』の解消につながると考えられます。一方で、『お腹ポッコリ』は『夏便秘』による可能性があり、『お腹のたるみ』の解消とは対策が異なります。『夏便秘』とは、食事制限による無理なダイエット、冷たい物の食べ過ぎや夜更かしなど、ついやってしまう夏の生活習慣によって腸内環境が乱れ、引き起こされる夏特有の便秘症状です。『お腹ポッコリ』の解消には、食事制限ではなく、腸内環境を整えるのに効果的な、自然由来の食物繊維を豊富に含んだ<小麦ブラン>などを摂取し、『夏便秘』の対策をすることが重要です」と述べている。

今回の調査で「お腹ポッコリ」の原因と思うことを尋ねたところ、約6割(59.0%)の女性が「脂肪がついたため」と回答。「便秘のため」と考える女性は2割(19.0%)にも届いていない。同委員会では、このことからも「お腹ポッコリ」の対策を間違った方法で行っている可能性があると分析している。
原因

◆調査実施概要
調査対象  :首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の
20-50代女性400名
調査方法  :インターネット調査
調査実施期間:2015年6月

「お腹ポッコリ」は、美脚の大敵「むくみ」にも影響あり
また、小林医師は「お腹ポッコリ」は、痩せ型の女性にも多くいると指摘している。『お腹ポッコリ』は『胃のあたりはぺたんこなのに、下腹部辺りから急にポッコリして硬くなっている』状態で、ウエスト部分は細いために、痩せているようにも見えるが、便秘によるポッコリの可能性があるという。
更に小林医師は、今回の調査で6割(59.6%)の女性が悩んでいる「むくみ」(ふくらはぎのむくみ)は「『お腹ポッコリ』による症状である可能性もある」と指摘し、「全身には、リンパ管が張り巡らされていますが、便秘によって、ガスのたまった腸が、腸内や腸周辺のリンパのうっ滞を招き、下腹部から下半身のむくみにまでも影響することもあるのです」と述べている。

■今すぐチェック!「お腹ポッコリ」を引き起こし得る腸内環境を乱す夏の生活習慣
【「ブランでスッキリ!」委員会 委員 / 医療法人小林メディカルクリニック東京院長 小林暁子医師監修】
《腸内環境を乱す夏の生活習慣チェックリスト》
□ アイスやビールやそうめんなど冷たいものをよく食べる
□ 冷房環境に長くいる
□ 薄着で寝ている
□ ダイエットのため食事制限をする
□ 肌の露出の多い服を着る
□ 暑いので、外にでないで家でゴロゴロしている
□ 休み気分で夜更かししてしまう
□ 暑くて食欲がなくなる
□ 湯船に入らずシャワーで済ませている
□ 汗をかくので水分を摂らないようにしている
□ 暑いのでいつもより運動を控える
□ 朝食を摂らないことが増えている

◆調査監修者
小林暁子<内科皮膚科医、医療法人小林メディカルクリニック東京 院長、「ブランでスッキリ!」委員会 委員>順天堂大学医学部卒業。順天堂大学総合診療科入局・総合診療科外来担当医、順天堂大学女性専門外来担当医兼任。
医療法人社団順幸会の理事長であり、小林メディカルクリニック東京の院長を務める。順天堂大学の総合診療科での経験をもとに、内科・皮膚科などのクリニックを開業。著書に「美しいを引き寄せる『副交感神経』の意識」(KKベストセラーズ)、「2週間で腸が若返る!美腸ダイエット」(世界文化社)などがある。

●参考リンク 「ブランでスッキリ!」委員会

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む