Exit Button

『日本サービス大賞』募集開始

業界ニュース -

サービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草直之 富士通株式会社顧問、事務局:公益財団法人日本生産性本部)は、優れたサービスを表彰する制度『日本サービス大賞』の募集を開始する。

『日本サービス大賞』は、優れたサービスを提供するすべての事業者を対象した表彰制度。
応募受付期間は2015年7月1日(水)から9月30日(水)までで、行政・自治体を除くすべての業種のサービス提供事業者が応募可能。

最優秀賞である内閣総理大臣賞をはじめ、地方創生大臣賞、サービスを管轄する各省の大臣賞などの表彰により、人々に感動を呼ぶサービスから、今まで見たこともない独創的なサービス、地域で輝いているサービスまで、“きらり”と光る優れたサービスを表彰する。
なお、『日本サービス大賞』は2015年6月22日(月)に政府から発表された「日本再興戦略 改訂2015(素案)」にてサービス産業の活性化に向けた施策としても位置付けられており、表彰結果が広く公表されることで、PR効果も期待できる。

img_64759_1

<『日本サービス大賞』概要>
【応募受付期間】:2015年7月1日(水)~9月30日(水) ※期日までに必着
【応募対象者】:国内のサービス提供事業者全般(業種や事業規模問わず。行政・自治体除く。)
【表彰対象】: 「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」
【表彰】:内閣総理大臣賞、地方創生大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞、SPRING賞、審査員特別賞 (計30件程度)
【応募方法】:応募用紙はホームページからダウンロードし、必要事項を記入の上、以下のいずれかの方法により提出。
1. ホームページの登録フォーム
2. E-mail
3. 郵送(簡易書留)又は宅配便

【審査基準】:「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を次の基準により定量的・定性的な手法で審査。
1. 受け手の期待に対する達成度
2. サービスをつくりとどけるしくみ(構造、プロセス、波及効果)
3. サービス産業界の発展への寄与
【応募費用】:無料(送料は応募者の負担となる)

【スケジュール】:
2015年7月 募集開始
2015年10月 審査(書類審査 ― 現地審査 ― 最終選考会)
2016年春  発表・表彰
主催:サービス産業生産性協議会(SPRING) (事務局:公益財団法人日本生産性本部)

<公式ホームページおよびSNSアカウント>
【公式ホームページ】 http://service-award.jp
【Facebook】 https://www.facebook.com/ServiceAwardJP
【Twitter】 @ServiceAwardJP ( https://www.twitter.com/ServiceAwardJP )

●お問い合わせ先
サービス産業生産性協議会 「日本サービス大賞」事務局
TEL:03-3409-1189
FAX:03-3409-1187
E-mail:service-award@jpc-net.jp
http://www.service-js.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む