Exit Button

店販売上100万円アップ講座 に潜入!

アナリストコラム -

2015年6月23日(火)株式会社ネオライファ主催のセミナー『店販売上100万円アップ講座』に潜入してきました。

この講座名を聞いて、正直よくある「弊社のこの素晴らしい製品を取り入れれば月100万円売り上げアップしますよ!」というメーカー目線の講座かな?と思ったのですが(ごめんなさい)、全然違いました!!

この日の講師は、株式会社ネオライファ セールス&マーケティング部 兼 国際事業部 部長の塩原祥之さん。この塩原部長、元・カリスマ英語講師で、出場したプレゼン大会にて全て優勝するという異色の経歴をお持ちです。

DSC_0165
さて、気になる講座ですが…。

とにかく、面白い!音響あり・ひとりミニコントありで、言葉のスペシャリストらしく言葉の部分から『店販』を分析。なぜ、店販が苦手なのか?を分析していきます。

例えば、1ヶ月で100万円の売り上げを上げるには、6万円の「クリオネ」を17本売ると102万円となり100万円の売り上げアップが達成されます。=「1ヶ月で17人に売れた」と考えるのは、NG。17人に「売れた」のではなく、17人のお客様が「買ってくれた」と考えることが重要なのだそう。
買ってくださった、お客様は、なぜ買ったのだろう?どのようなお客様が買ったのだろうと考えることで、売るのではなく、買っていただける状況を作ることができるようになるとのこと。

特に目からウロコだったのが…
塩原さんの取引先に、田舎町の50代男性のサロンオーナーが居るそうです。普通に考えたら「50代の男性が美容機器なんて…」と思いますよね。でも、その方はまず自分が購入し、さらに、サロンに来る同年代の男性が何人も購入していったそう。さて、なぜ購入してくださったのでしょう? もちろん「クリオネ」の製品力はあります。効果が見えやすいパフォーマンス性が高い製品であることもひとつの理由でしょう。ですが、50代の男性が購入することで、奥様や娘さんが、毎日のように使っていたそう。その姿を見ること・喜んでもらえたことに6万円の価値を見出したことが購入につながり、その自分の経験がサロンに来るお客様への「エピソード」になったそうです。

「売る」と考えていたら、全く思いつかない理由ですよね。
買うか買わないかを決めるのは、あくまでお客様。販売するのではなく、サービスとして、お客様に施術してあげて、施術しながら買っていただいたお客様からいただいた「喜びの声」をご紹介するだけと思うと「できそうな気」がしてきますね。
DSC_0160
塩原さん自身が営業経験なしで、美容の世界に入ってきたからこそ生まれた『店販売上100万円アップ講座』。残念ながらこの講座は6月で終了し、7月からは『店販売上200万円アップ講座~日本一プリンを売るスーパーから学ぶ「店販が楽しくてたまらない!!」を実践する方法』がスタートするそう。
前半がセミナー&体験会・後半が製品紹介と分かれているため、気軽に受講してみてはいかがでしょう。

次回は、東京:2015年7月21日(火)、大阪:2015年7月28日(月)に開催予定とのこと。参加費3,000円は安い!
エス通編集部も、もちろん受講します!

●取材協力
株式会社ネオライファ
TEL:06-6241-2130
http://www.neolifer.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む