Exit Button

筋膜リリース・テクニックセミナーに潜入!

アナリストコラム -

2015年6月19日(金)メソッド株式会社主催のセミナー『筋膜リリース・テクニックセミナー~下肢編~』が行われました。筋膜リリースは、近年エステティックの技術としても取り入れられている注目すべきケア方法。今回はこのセミナーに潜入してきました。
IMG_3904
参加者は、スポーツインストラクター・トレーナーの方が中心。講師を務めるのは、ダイエット&ビューティーフェアでもセミナーを行う、有限会社Wellness sports代表で全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 NESTA JAPAN理事でもある齋藤邦秀さん。齋藤さんはトレーナー業界では有名で、フィットネス系の雑誌にも登場する方です。

さて、気になるセミナー内容は…。

前半は、筋膜に関する正確な知識を身につけることを目的とし、座学からスタートしました。
筋膜って…体全身を覆う一枚の膜??とざっくりとした知識で参加したエス通編集部。まずは筋膜とは何か?ということから学びました。齋藤さんは、具体的にイメージしやすいような例を上げて説明してくれるので理解しやすい!筋膜をリリース(ケア)してあげることで、潤いを与え硬くなった筋膜が柔軟になるとのことで、筋膜とトリガーポイントとの関係なども判りやすく説明していただきました。

後半は「タイガーテール」「ランブルローラー」「ノックアウト2種類」と4つのセルフボディ ケア ツールを使用したセルフ筋膜リリース。
リリース前とリリース後で「ROM-Test」と呼ばれる、関節稼動粋のチェックを行いながら、各筋肉毎にリリース方法を学びました。エステの施術もお客様の呼吸に合わせて圧を掛けていきますが、筋膜リリースも同じ。しっかりと呼吸しながら圧を掛けていきます。呼吸が止まるようであれば圧を緩める。今回はセルフケア方法ですが、ボディケアメニューに通ずるところが沢山ある!と実感したセミナーでした。

2015年7月5日(日)にも同じ内容のセミナーが開催されるのですが、残念ながらすでに満員のよう…。秋には「~上半身編~」も開催予定とのことなので、絶対行きます!
びフォーアフター
★編集部の「ROM-Test」ビフォーアフターです。左がビフォー・右がアフター。明らかな違いですね!

参考リンク http://selfbodycare.jp/seminar-001/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む