Exit Button

ベルマン 100周年記念パーティ開催

業界ニュース -

ベルマン化粧品で知られる株式会社ベルマンは、本年4月をもって創立100周年を迎えるにあたり、2015年4月27日(月)リーガロイヤルホテル大阪(大阪市北区)にて創立100周年記念パーティー『ベルマン化粧品感謝の集い』を開催した。

オープニングでは、1915年(大正4年)の創業から現在に至るまでの100年の軌跡を紹介。台詞に「ベルマン化粧品」の名前が使用された、ザ・ピーナッツ主演映画「可愛い花」の冒頭シーンや各時代の宣伝ポスターなどを交えたムービーにて紹介された。
ベルマン1
また、パーティー中盤では新製品『LIPOSONA+(リポソーナプラス)』を発表。リポソーナプラスは、同社を代表するブランドNON LOSE(ノンルース)の最高級シリーズラインからブランドとして独立。従来のリポソーナをベースにヒートショックプロテインなどを加え、2015年5月15日(金)パッケージも新たに発売される。
同製品は、化粧品のみではなく「HSP美潤活トリートメント」と名付けたトリートメント技術も合わせて開発した。技術監修は、第4回エステティックグランプリ 技術部門グランプリの美vace 舟津真里氏が担当。会場では、舟津氏によるデモンストレーションも行われた。

ベルマン2

会の最後には、同日、取締役より代表取締役に就任した 村賀祐司氏が挨拶。その中で村賀氏は「100年順風満帆な訳ではなかった。」とし、会社にとっての大きな危機のひとつに、村賀氏の祖父にあたる創業者の死をあげた。「一時は廃業も考えたが、社員に支えられ100周年にあたる今日の日を迎えることができた。」との言葉に、あらためて100年続けることの素晴らしさを実感した会となった。

●参考リンク ベルマン化粧品ホームページ

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む