Exit Button

ノエビアと東京医科大学が産学連携講座を開設

業界ニュース -

ノエビアと東京医科大学は、2015年4月1日、アルツハイマー病に代表される神経変性疾患の発症と皮膚機能の関連性を研究する新たな拠点として、産学連携講座「神経皮膚連携分子医学講座」を東京医科大学薬理学分野内に開設することを発表した。

【開設の背景・目的】
アルツハイマー病など神経変性疾患の発症メカニズムの解明および治療法の開発研究を行う東京医科大学薬理学分野との連携により、従来の脳科学研究から発展した新たな研究領域の創出と人的交流による研究推進力の強化を図り、健康で美しく、活動的な社会の実現を目指す。

【産学連携講座の概要】
設置大学:学校法人東京医科大学(学長:鈴木 衛)
所在地 :東京都新宿区新宿6-1-1 東京医科大学薬理学分野内
名 称 :神経皮膚連携分子医学講座
設置期間:2015年4月1日~2018年3月31日
教員名 :松岡 正明主任教授(薬理学分野主任教授併任)、株式会社ノエビア 客員教授2名、研究員1名
研究テーマ:アルツハイマー病に代表される神経変性疾患の発症と皮膚機能の関連性の解明

参考リンク 株式会社ノエビアHP

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む