Exit Button

新年挨拶:ICAM 日本支部

業界ニュース -

新年あけましておめでとうございます。

エステティック業界各団体からの年頭挨拶を配信させて頂いております。

———————————————————————————————–

13-ICAM-JAPAN代表

ICAM (International Cosmetic & Aesthetic Management)は、フランスの国家資格制度に準拠した試験制度を美容の国際標準として広く世界に推進するため、2000年にパリで設立されました。一般財団法人ICAM日本支部は、ICAMの目指す資格制度の国際化の一翼を担い、日本およびアジア地域の技術者に世界レベルの教育カリキュラムを提供することにより、美容業界全体の発展を図ることを目的としています。

日本では、「エステティック」「メイクアップ」「ネイル」を含むビューティ部門での国際ライセンスを発給しています。2012年に美容部員を目指す方のための「コスメティシャン」ライセンスを新設し、2013年度には複数のICAM認定校で導入されました。ICAMでは、資格を取得することが目的ではなく、資格によって認められた能力をいかに実業のなかで活かせるかが重要であると考えます。そのため、産学一貫した教育体系の提供を目指し、専門学校だけでなく、サロンや美容会社での社員教育カリキュラムとしても導入を推進しています。

ICAMの考え方や活動方針などを発表する場として、2013年10月にフランス大使館企業振興部-ユビフランスの後援の元、ICAM BEAUTY CONGRESS 2013を開催しました。2014年も10月に開催する予定です。多くの方の参加をお待ちしています。

13-ICAM-JAPAN

一般財団法人ICAM 日本支部

代表理事 中村修一

東京都港区南青山2-28-6 CSビル2F

http://www.icamjapan.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む