Exit Button

シニアターゲットの『第1回 国際健康長寿産業展』3月14日から

業界ニュース -

2018年3月14日(水)~16日(金)東京ビッグサイト(東京都江東区)にて『第1回 国際 健康長寿産業展(ヘルスケアJAPAN 2018)』が開催される。



『第1回 国際 健康長寿産業展』は、アクティブシニアの「健康で長生き」を支援する商品・サービスに特化した専門展
トレーニングマシン、治療機器などの健康機器や、サプリメントなどの健康食品。ファッションや、アンチエイジングの美容用品まで、アクティブシニアをターゲットにした製品が出展される。



また、シニアマーケティング・介護保険などに関する専門セミナーも82セッション開講。事前申し込みをすれば、全セッション無料で受講が可能となる。来場事前予約をすることで、入場料5,000円が無料。日々加速する超高齢社会対策に、足を運んでみてはいかがだろう。



<開催概要>
名称:東京CareWEEK2018 内 第1回 【国際】健康長寿産業展(ヘルスケアJAPAN 2018)
会期:2018年3月14日(水)~16日(金)9:30~17:00(受付開始9:00)
会場:東京ビッグサイト 東4~6ホール

同時開催:
・第1回【国際】介護用品展/介護施設産業展/介護施設ソリューション展
・第1回【次世代】介護テクノロジー展
・第1回 超高齢社会のまちづくり展

主催:ブティックス株式会社

 

 



●お問い合わせ 国際 健康長寿産業展 展示会事務局(ブティックス株式会社内)
TEL:03-6303-9801

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む