Exit Button

コスメティック総選挙2013特設サイト

今年春にエステティック通信編集部が主催した『第2回コスメティック総選挙2013』
こちらの特設サイトは、ご覧いただけましたか?

 

top_title

 

 

2013年4月12日

各 位

株式会社美容経済新聞社

エステティックサロンの業務用化粧品に対する信頼度調査
「通称:コスメティック総選挙」に関する御報告

弊社では発行するエステサロン向け業界専門誌エステティック通信を通じて、昨年からコスメティック総選挙として、エステティックサロンの業務用化粧品に対する信頼度を調査してまいりました。
当初の企画としては、業務用化粧品の流通量やシェア分析を検討しておりましたが、客観的なデータを得ることが困難であることから、サロンが「信頼しているブランド」を調査することを目標と定め実施させて頂きました。

エステティックサロンの現場では、自店が導入する業務用化粧品の選定において「商品価値」「アフターフォロー」「企業姿勢」など様々な視点で判断され、単純に仕入価格などの取引条件だけで選定されることは少ないのが現状です。そこで当社は、このような業界特性を基に全国のエステティックサロンへ電話による聞き取り調査を実施。「あなたのお店で特にこだわって導入している化粧品はありますか」「特に信頼し導入している化粧品はありますか」と言った質問を投げかけ、調査いたしました。

昨年3月に実施した第1回スメティック総選挙は、試験的な試みであることからも積極的な広報は控えさせて頂きましたが、今回実施した第2回コスメティック総選挙では、昨年の経験を元に調査方法を精査し、質問方法の見直しや調査対象数の拡大により、精度を高め実施いたしましたので積極的に調査結果を広報しております。

 

◆調査概要

調査対象:2,000件/店舗 (全国エステティックサロン約2万件のうち10%と設定)
※事前のFAX/ネット回答分を除き電話調査リストを作成にて総数2,000とした。
有効回答:739件(回答率:36.95%)
調査地域:当社が有するエステサロン名簿より、全国無作為抽出
調査除外:大手エステチェーン、化粧品メーカー直営サロンなど
調査方法:
1)電話による聞き取り調査(弊社実施/調査会社委託)※回答・集計の公正を保つため調査を2箇所で実施
2)発行媒体及び、ソーシャルメディアを通じたインターネット/FAX投票の受付

 

◆調査内容(ヒアリング事項)

1)あなたのお店で特別に信頼し、導入している化粧品ブランドはありますか?(フリー回答)
2)特に注目している成分特徴は、どのようなものですか?(選択式回答)
⇒ エイジングケア、小顔、美白、しみ、保湿、ナチュラルケア ・・・6項の中から選択

 

【調査結果対象製品について】

◆結果の御報告

特設サイトにて発表 http://www.beauty100.jp/beauty0027uio/

尚、本調査企画は当社が発行する媒体との取引(1)及び、本調査結果を基にした取引(2)とは一切の関係性がありませんことを明確に申し上げます。
(1)  は、主にエステティック通信への広告出稿契約を差します。
(2)  は、本ランキング結果を広告宣伝等に活用することに関して、弊社が何らかの対価を申し受けることを差します。

【ランキング順位付けについての御説明】

総合部門:獲得票の絶対数において順位付けを行なったものとなります。
個別部門:総合部門での1位を除き、個別部門毎に順位付けを実施しています。

例)
・ A製品(美白系商品)の獲得数:100ポイント
・ B製品(美白系商品)の獲得数:90ポイント
・ C製品(エイジングケア商品)の獲得数:80ポイント

□総合1位:A製品    □美白部門1位:B製品    □エイジングケア部門1位:C製品

 

【受賞部門について】

◆総合部門

・         総合1位 ※複

◆個別部門

・         海外ブランド部門1位 ※複
・         エイジング部門【総合】:1位 ※複
・         エイジング部門【海外】:1位
・         保湿部門:1位
・         美白部門:1位
・         ナチュラル部門:1位
・         小顔部門:1位(該当製品なし)
・         しみ部門:1位(該当製品なし)
・         エイジング部門:入賞 ※複

※複・・・集計結果において複数製品が該当しています。
※小顔/しみ部門は、他の部門と比較して同等数を獲得した製品がなかったため該当無しとしています。

 

 

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む