Exit Button

『第44回 技能五輪国際大会』開催

業界ニュース -

2017年10月14日(土)~19日(木)アラブ首長国連邦アブダビにて『第44回 技能五輪国際大会』が開催された。

「技能五輪国際大会(正式名称、国際技能競技大会・WorldSkills Competition)は、1950年にスペインの職業青年団が提唱し、隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競って以来、毎年参加国および出場選手が増加し発展してきた。若い技能労働者の祭典と呼ばれ、現在では世界各国で開催されるようになっている。

エステティックのみならずメカトロニクス・配管・左官など今年も51の職種に59の国・地域、約1,300名の選手が出場。日本からは一般社団法人日本エステティック協会(東京都千代田区、理事長 久米健市)所属の高橋由未歩選手が出場。協会としては6度目の参加となる。

エステティック業が所属するビューティーセラピーの競技課題は、エステティック・ネイル・メイクで構成され6項目と幅広く、日本ではエステティシャン・ネイリストとそれぞれスペシャリストに分かれていることが多い美容に関する技術を全てマスターしなければならない。

競技は、4日間に渡り行われ、代表である高橋選手は惜しくも入賞には至らなかったものの、大会に向けてのハードなトレーニングと、世界の第一線と競った国際舞台での経験は、これからのエステティシャンとしての活躍を期待させる。

今大会ビューティーセラピー部門の優勝国はイギリス。次回は、2019年にロシア連邦タタールスタン共和国のカザンにて開催される。

●関連サイト 中央職業能力開発協会 第44回選手プロフィール http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/kokusai/44/44_30profile_competitors.html

●お問い合わせ先
一般社団法人日本エステティック協会
TEL:03-3234-8496
FAX:03-3234-8498
http://ajesthe.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む