Exit Button

マンダリン オリエンタルが、新ブランド『Subtle Energies』を導入

業界ニュース -

「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人 ポール ジョーンズ)は、37階の「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」にて、アーユルヴェーダとアロマセラピーを組み合わせた製品とトリートメントを展開する新ブランド『Subtle Energies(サトル エナジーズ)』を導入し、心身ともにウェルネスへと導くホリスティックメニューの提供を開始する。

『Subtle Energies(サトル エナジーズ)』は、自然療法が充実するオーストラリアで、“人は自分自身で力を与えることができる”という考えのもと、ファリダイラニ氏により創立された。

薫り高いインド固有のハーブから生まれたオイル、高品質で貴重な自然成分から作られた製品で、すべてのオイルブレンドは、イラニ家により創り出され、守られている。そして伝統的で最上級のアーユルヴェーダのメソッドと現代の手技を融合した、革新的なアロマセラピートリートメントが特徴。

サロンでは、ブランドの20年以上の研究、経験、“Created with Intent.Made to Empower”(すべてのものごとに意味があり、パワーをつくりだすことができる)というフィロソフィーに基づいたメニューを展開。

メニューは、物質的な世界を洗い流す象徴的な方法“足浴”からスタート。セラピストによるきめ細やかなカウンセリングを行ない、お好みや体調だけでなく、ストレス、悩みなども聞き出すことで、心身ともにケア。忙しない現代社会において、季節の変化や個人が抱える多様な悩みをサポートし、自身の持つ力を導く。

各メニューは、マルマ(アーユルヴェーダで“心と体の交流点”と考える場所)を重点に、リメディアル(医療分野に属するマッサージ療法)、リフレクソロジー、アロマセラピー、リンパドレナージュなどの多様な技術を組み合わせ、総合的なプログラムで心身ともに回復、活性化させることに働きかける。

<Subtle Energies(サトル エナジーズ)の代表的なメニュー>
【エンパワリング ミー、 ウーマンズ ジャーニー】
瞑想から始まり、心と身体の調和を目指す古代からのオイルと独自の手技で行なう。
時間:150分
料金:58,000円(税サ別)

【スリープ サポートセラピー】
ヨガの呼吸法の案内から始まりマルマトリートメントを行なう。その後、何世紀も快眠のために用いられてきたナスヤ(鼻洗浄)を続けて行なう。
時間:105分
料金:46,000円(税サ別)

●ブランドサイト Subtle Energies(サトル エナジーズ)http://subtleenergies.com.au/

●関連サイト マンダリン オリエンタル 東京 http://mandarinoriental.co.jp/tokyo

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む