Exit Button

スキンケア選びで悩む女性7割

業界ニュース -

創業85周年を迎えた株式会社ナリス化粧品(大阪府大阪市福島区、代表取締役社長 村岡 弘義)は、生活環境が大きく変化する季節の前に「スキンケアの悩みとニーズ」についてインターネット調査を実施。その内容を公表した。

始めに「スキンケア品選びで悩んだ経験はありますか」という質問に対し、「よくある」と答えた人は約29%、「時々ある」と答えた人が約42%と、合わせて7割以上の人が悩んだことがあることがわかった。

年齢別に見ると、20歳~24歳が約84%で最も高く、65歳~69歳が約56%で最も低くなった。このことから、年齢が高くなるにつれて悩む人は減る傾向にあり、自分の肌やスキンケア品の知識が少ない、若い年代ほど自分自身でスキンケア品を選ぶことが難しい現状がわかった。

また、悩んだ経験がよくあると答えた人の購入割合が高い販路は、「エステ店(40%)」「百貨店(39%)」「百貨店(39%)」となり、よく悩む人は対面で購入するケースが多いことがわかった。

さらに、スキンケア品を購入するときにあなたが重視することは何ですかという質問には、「肌質に合っているか(59%)」「価格(約52%)」という答えが半数を超え、次に「肌悩み(トラブル)に対応したものか(約29%)」、「美容効果(約28%)」という順になった。品質や効果を高めるだけでなく、一人ひとりの肌質や肌悩みに合ったカウンセリング力が求められている。

【調査概要】
一次調査:調査実施期間:2017年3月9日~10日
調査対象者:20代~60代の女性2,415人
調査方法:インターネットによるアンケート調査

二次調査:調査実施期間:2017年3月21日
調査対象者:一次調査で美容に関心が高いと回答した20代~60代の女性603人
調査方法:インターネットによるアンケート調査

●関連サイト http://www.naris.co.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む