Exit Button

サティス製薬 安全性試験の受託サービス『RIPT』を開始

業界ニュース -

「ヒトと地球をもっと綺麗に、ずっと綺麗に」をスローガンに、植物を独特に活用した化粧品の開発とOEM製造を行う、株式会社サティス製薬(埼玉県吉川市、代表取締役 山﨑智士)は、化粧品の安全性を評価する受託試験サービスとして、新たに「RIPT」試験の受託を2017年4月3日(月)より開始する。

同社は2016年より、実験動物を用いずに化粧品や原料の安全性を評価する受託試験サービスを開始。
今回、新たな試験項目として、化粧品の長期使用による累積刺激性やアレルギー性を評価する「RIPT」試験を追加。これにより、試験を行った製品は“アレルギーテスト済み”の表記が可能となる。

同社は今回の「RIPT」試験が加わったことで、肌に対する一通りの安全性試験を高精度かつ低コストに提供することを実現する。

昨今、化粧品の安全性に対する社会の関心は高く、品質保証に対する企業姿勢が問われている。同社が試験を受託することで、安全性評価試験設備を持たない企業でも、一通りの肌トラブルを予測回避し、消費者に対して安全性のより高い製品を届けることが可能となる。

●安全性試験受託サービスサイト
http://www.saticine-md.co.jp/exam/trustee_service/

●お問い合わせ先
株式会社サティス製薬
TEL:03-5646-2434
FAX:03-5646-2435
http://www.saticine-md.co.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む