Exit Button

20~50代女性の8割が身体の「たるみ」を意識

業界ニュース -

女性の美と健康を追求するダイエットサポート食品「スリムアップスリム」を販売するアサヒグループ食品株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 尚山勝男)は、20~50代の女性を対象とした「ダイエットに関する意識調査」を実施、その結果を公表した。

まず始めに「あなたは現在、ご自身がたるんでいると思いますか?」と質問したところ、76.5%が「たるんでいると思う」と回答。一方で「あなたは現在、ご自身が太っていると思いますか?」という質問に対しては「太っていると思う」と回答した人が49.0%という結果となり、たるみ意識は肥満意識を上回る事が分かった。

次に、「あなたは現在ダイエットをしていますか?」と質問をしたところ30.2%と3人に1人が既に「ダイエットをしている」ことが判明した。また、42.8%が「ダイエットをしていないが、今後したいと思っている」と回答し、全体の73.0%の人に、ダイエット意向があることが分かった。このダイエット意向がある人へ『ダイエットをする目的』を聞いた結果、「健康のため」60.8%、「体を引き締めるため」60.6%が上位にあがった。

更に、「あなたが痩せたいと思うからだの部位はどこですか?」という質問をしたところ、60.2%が「下腹」と回答し、次いで「太もも」51.2%、「ウエスト」44.4%という結果となった。

同社は、筋肉と脂肪のバランスを図式化。脂肪が多く筋肉が少ない醜く見えるゾーンを「おふとりさま」、脂肪も筋肉も少なく老けて見えるゾーンを「おたるみさま」と名付け、筋肉を作るために必要不可欠な「たんぱく質」の摂取を呼びかけると共に、中村格子先生監修「健康キレイを叶える 美・くびれエクササイズ(http://www.asahi-slimup.com/exercise/)」を「スリムアップスリム」の会員サイト「clubSUS」にて配信している。

ダイエット目的でサロンに来店するお客様にも、痩身にプラスして「たるみケア」を提案してみてはいかがだろう。

<調査概要>
・調査タイトル:「ご自身に関するアンケート」
・対象者:20代~50代の女性731名
・調査期間:2016年12月27日(火)
・調査方法:インターネット調査
・その他:構成比は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計しても100とならない場合あり。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む