Exit Button

男性の肌悩み1位は『シミ』

業界ニュース -

小林製薬株式会社は、4月3日に「ケシミンの日」を迎えるにあたり、シミに関する男女別意識調査を実施、その結果を公表した。

始めに、「肌で最も気になること」について尋ねたところ、男女とも悩み1位は『シミ』という結果となった。

これを男女別・年代別に見たところ、女性は、20代の1位は毛穴の開き(17.8%)、2位は毛穴の汚れ(17.1%)、シミは(7.5%)と4位であるのに対し、30代では第1位(22.7%)へと浮上。さらに、40代(26.5%)と50代(24.6%)においても『シミ』の悩みが第1位という結果となった。

男性は「気になることは特にない(27.3%)」を除くと、「シミ(10.4%)」が「肌の乾燥(9.5%)」や「⽪脂・テカリ(7.7%)」を抑え全体で第1位となった。
また、年代別に⾒ると「シミ」は20代で第9位(3.9%)、30代で第6位(6.3%)に対し、40代で第2位(8.4%)、50代(16.4%)・60代(16.9%)で第1位。男性は40代で気になり始め、50代・60代で急激に気になり始めるという事がわかった。

調査⽅法:インターネット調査2)調査対象者:男性2,075名、⼥性2,075名3)
実施期間:2016年10⽉25⽇〜10⽉26⽇
有効回収数:【男性】20代415名、30代415名、40代415名、50代415名、60代415名【⼥性】20代415名、30代415名、40代415名、50代415名、60代415名

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む