Exit Button

国民生活センター「HIFU機器で肌トラブル発生」を公表

業界ニュース -

独立行政法人 国民生活センターは、2017年3月2日(木)「エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!-熱傷や神経破損を生じた事例も-」と題した相談内容を公表した。

これによると、【エステティックサロンなどで、HIFUという「高密度焦点式超音波」や、それに類する超音波技術を応用したという機器(以下、「HIFU機器」とする。)で施術を受けたところ、「顔面が急に熱くなり痛みが走った」や「熱傷になり、治るまでに半年かかると言われた」、「神経の一部を損傷した」等で治療に数カ月を要する危害を負った】といった相談が寄せられているという。

HIFU機器は、以前も「脂肪細胞を溶解する」など、脂肪細胞直接働きかけるというような広告表現に対し、販売していた機器メーカーが逮捕されるという事件が起きている。エステティックサロンにおいては、あくまでの「肌に対するトリートメント」で、脂肪細胞に直接働きかける行為を医師資格のないエステティシャンが行う事は禁じられている。

国民生活センターでは今後、【エステサロン等でのHIFU機器を用いた施術(以下、「HIFU施術」とする。)に関するトラブルについて調査、分析を行い、消費者被害の未然防止と拡大防止のために消費者に注意を呼び掛けるとともに、関係機関・団体へ要望及び情報提供を行っていく】としている。

トラブル内容の詳細に関しては、下記URLに掲載されている。この機会に、HIFUのみならず、サロンで使用している美容機器に関し再度学び・理解を深め、正しい知識を持った上で適切な施術を徹底して頂きたい。

●独立行政法人 国民生活センター 詳細掲載ページ http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170302_1.html

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む