Exit Button

和栗から「くりセラミド」を開発

業界ニュース -

「ヒトと地球をもっと綺麗に、ずっと綺麗に」をスローガンに、植物を活用した化粧品の開発とOEM製造を行う株式会社サティス製薬(埼玉県吉川市、代表取締役 山崎智士)は、茨城県岩間地区で収穫される和栗の加工廃棄物である栗皮から、量産化可能な植物ヒト型セラミドを開発した。

和栗(Castanea crenata)は、日本人が縄文時代から食していると言われる身近な植物。サティス製薬は、日本全国の天然素材から化粧品原料を開発し、品質と情報で付加価値を高め、地域を活性化させる「ふるさと元気プロジェクト」を行っていることもあり、大量に廃棄されてる栗皮に着目し研究を行った。

その結果、栗皮からエキスを抽出し、薄層クロマトグラフィで分析したところ、セラミドが高濃度で検出された。さらに、このセラミドを液体クロマトグラフ質量分析計で構造解析したところ、ヒト型セラミドを多く含有することが証明され、同社は、これを「くりセラミド」と命名した。

<今後の展開>
既に特許出願と商標出願を終えており、今後は、国内最大産地である茨城県の栗生産者などと連携して「くりセラミド」の更なる量産化を図り、自社の化粧品OEM事業のオリジナル原料として顧客へ提案していく。また、化粧品原料として、国内への普及だけに留まらず、ジャパンバリューを打ち出して、海外展開も視野に入れている。

main

sub1

●関連サイト 株式会社サティス製薬 企業サイト http://www.saticine-md.co.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む