Exit Button

スーパーフード『トレンド予測TOP10』

業界ニュース -

一般社団法人日本スーパーフード協会(東京都港区、代表理事 勝山亜唯美)は、昨年の発表に引き続き、今年も日本におけるスーパーフードの2017年春夏のトレンド予測として『2017 S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング TOP10』を発表した。

ランキングは、日本スーパーフード協会のアメリカ支部のリサーチをもとに、日本の本部が、日本市場の今年の流れとの擦り合わせを行った上で、2017年に日本でブームとなる可能性が高いスーパーフードを10品目予測し、ランキング形式で発表している。ランキング結果は以下の通り。

<2017年S/S トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10>
第1位 レッドフルーツ(アセロラ・ゴジベリー)
第2位 青いスーパーフード(進化形スピルリナ)
第3位 酸化しないスーパーオイル(米ぬか油)
第4位 MUGIGOHAN(大麦(もち麦))
第5位 プラントウォーター(メープルウォーター、バーチウォーター)
第6位 カカオニブ
第7位 シーバックソーン
第8位 進化系チアシード<ローストチア>
第9位 ビーポーレン
第10位 スプラウテッド・アーモンド

%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc

2016年は、チアシードやココナッツオイルなどダイエットや生活習慣病・認知症予防に効果的とされる、“守り”のヘルシー系スーパーフードに人気が集まったが、2017年は美肌・美白・アンチエイジングを目的とした“攻め”のビューティー系スーパーフードに注目が集まっている。

その代表格が、ビタミンCがレモンの34倍で「天然の美白サプリメント」と称されるアセロラや、海外の人気モデルが愛用しているゴジベリーなどのレッドフルーツ。赤い成分のポリフェノールによる抗酸化作用でアンチエイジングにも効果的なスーパーフードだ。

1位のレッドフルーツは、スムージーや料理に使いやすいパウダータイプのものがでてきたことがスーパーフードとしてその美容・健康効果が改めて注目されるきっかけになった。

食事指導を取り入れているサロンの方は、参考にしてみてはいかがだろう。

●関連サイト 一般社団法人日本スーパーフード協会 http://www.superfoods.or.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む