Exit Button

台湾向け通販支援『CROS』グループ企業との協業関係を強化

業界ニュース -

株式会社ACCESS(東京都千代田区、代表取締役社長 兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社の通販業務支援クラウドサービス『CROS(TM)(クロス)』の事業拡大を図り、通販事業者向けマーケティング支援サービスの先駆的企業である、株式会社ファインドスター(東京都千代田区、代表取締役社長 渡邊 敦彦、以下ファインドスター)およびファインドスターのグループ企業との協業関係を強化すると発表した。

具体的には、ACCESSの台湾子会社である愛可信股份有限公司(台北市、董事長 森田 朋之)とファインドスターグループの台湾法人である亞星通股份有限公司(台北市、董事長 藤原 徹平)間で相互に出資し、台湾をはじめとするアジア市場および日本国内での「CROS」の販売活動における連携を深めていく。

ACCESSの『CROS』は、受注機能および受注後フォロー機能、バックオフィス機能、広告効果分析機能(新規獲得/CRM/顧客管理を含む)を統合したクラウドサービス。これら3つの機能は相互に連携しており、顧客情報連動型のマーケティング活動を効率的に継続することが可能となる。また、すべての機能はクラウドと連携したASPサービスとして提供され、言語も日本語・中国語(繁体字)に対応、ユーザー企業は特定のPCや現地言語に制約されることなく、現地からでも日本からでもサービスを利用することができる。

このうち受注機能および受注後フォロー機能、広告効果分析機能は、ファインドスターグループのマーケティング支援サービスにおけるノウハウ・実績とACCESSのクラウドサービスにおけるノウハウ・技術力を持ち寄り共同開発している。また両社は、『CROS』の台湾市場投入に際し、通販業界におけるファインドスターグループの顧客基盤を活用して営業活動を展開してきた。

2014年6月のサービス開始以来、化粧品や健康食品における大手日系台湾法人17社に採用されている。また、2015年12月からシンガポール版が提供開始され、今後は日本国内から商品を海外へ発送することができる越境EC版の提供も予定となっている。

ACCESSは、このファインドスターグループとの協業強化により、『CROS』の普及促進を一段と加速させていくとしている。

詳細掲載ページ:http://jp.access-company.com/products/cloud/cros/

main

会社名:株式会社ファインドスター
所在地:東京都千代田区
代表者:渡邊 敦彦
事業内容:ダイレクトマーケティング支援事業
資本金:6,500万円(2015年6月末時点)
設立年月:1996年12月

会社名:亞星通股份有限公司(スタートアジア)
所在地:中華民国(台湾)・台北市
代表者:藤原 徹平
事業内容:台湾およびアジアにおけるダイレクトマーケティング支援事業
資本金:500万元(2015年6月末時点)
設立年月:2014年8月

●関連サイト
株式会社ACCESS  http://jp.access-company.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む