Exit Button

長く続く咳。実は、咳喘息かも?

アナリストコラム -

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

皆さんのサロンでは、風邪を引いているスタッフ・お客様はいらっしゃますか?

エス通編集部の周りでは、咳風邪が流行っているようで、他の症状は消えたけれど咳だけが残ってしまったという声が多く聞かれます。斯く言う私もその一人。

しかも、風邪の症状が2週間近く続いたため、内科につづき専門家である耳鼻咽喉科を再受診しました。耳鼻咽喉科では、いつから症状が出始めたのか?過去にも長く咳が続いたことがあるか?咳以外の症状についての問診に続き、鼻の中の炎症度合いをチェックするために、鼻に麻酔薬を塗りカメラを挿入。続いて、のどの腫れ・炎症をチェックして風邪なのか?それ以外なのかを診断します。

先生曰く、咳が続く場合は、主に「風邪」・「気管支炎」・「咳喘息」が考えられるそう。気管支炎と咳喘息の違いは、気管支炎は何かしらの菌が悪さをして気管支が炎症を起こし咳が続くのに対し、咳喘息は特に菌が作用しているわけではなく、風邪に続いて他の症状が治っても気道が過敏な状態が続き咳が出てしまうのだそう。

私の場合は、この「咳喘息」でした。
過去にも同じような症状が出ていたため、咳止め・喘息およびアレルギー性鼻炎治療薬にプラスしてステロイド剤と咳発作時に吸引する薬が処方され「しっかり治療」することに。

耳鼻咽喉科の薬を服用してからは、内科の薬で全く治まらなかった咳がピタリと出なくなりました!もちろん、薬が切れてしまった場合には出ますが、これも吸引することで治まります。

施術をする際、咳が続くのは困りますよね。同じような症状の方、サロンのお客様で同じような症状の方には、耳鼻咽喉科の受診をオススメします。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む